Aden Ray エイデン・レイは折衷主義の元に活動を行う音楽家、作曲家、そして作詞家で、彼の作品はジャンルの枠を越えた輝きを放ちます。丁寧に作り上げられた曲の数々は、民族や言語の壁を感じさせません。あらゆる枠を取り払ったグローバルな音楽です。エイデンは瞬間的に、作品を身の回りの環境へと調和させる事ができます。

エイデンの音楽との最初の出会いは、9歳の頃。教会での聖歌斉唱でした。2年も経たないうちに、彼は音楽スタジオのプロデューサーへと紹介される事となります。この時の事を彼は「初めて本格的な雰囲気とプロのミュージシャンを目の当たりにした。それから直ぐに、自分に繋がるものを感じ、音楽の世界の虜になった。」と語っています。

エイデンの音楽業界での才能は早い段階から開花しましたが、本人はこの状況を違って受け止めていました。「幸運にも、その時期を乗り越える事ができ、それがミュージシャンとしての成長にも繋がったのだ、と思うようにしている。」実際、彼は瞬く間に、独自の路線を見いだし、成熟したアーティストへと歩みを進めました。

彼は幅広い分野に感心を抱き続け、それが音楽作品へ深みを加えました。「一度たりとも、一つのスタイルの音楽に自身を限定した事はない。」子供の頃から彼は、ポップ、エレクトロニック、ジャズ、さらに1950年代や60年代の楽曲まで幅広く楽しんできました。このような多様な世界観への接触と共に、エイデンのスタイルや曲を通した表現方法がつくりあげられて来たのです。彼は経験に基づいたポイントを盛り込みつつも、自身による独自の要素もつくりあげます。「どのジャンルの音楽制作を行なう時でも、それが肉感的であり、力強く、感情に訴えかけるものであるように心がける。」とも語っています。

エイデンのアーティストとしての目標は常に、世界の人々を音楽で結びつける事です。新しい言葉、スタイル、ジャンルを経験し学ぶにつれて、彼のクセになる音楽と感情に満ちた歌声は進化を続けます。世界中での様々な経験と彼の中に宿る才能が調和した結果、世に送り出されるのはスタイリッシュな作品たち。素早く物事を吸収し、音楽の“カラー”を変える創造性豊かなカメレオンの未来には、ゆるぎない革新と進化が横たわっていることでしょう。